大根を生で食べると痩せるって本当なのか

大根がダイエットに効果的だということをご存知ですか?

 

 

「あぁ、大根ならよくお味噌汁の具として食べているわ。」という方、ちょっと待ってください。それではダイエット効果はあまり期待できません。ダイエットのために大根を食べる場合は、生で食べる必要があります。つまり加熱してはいけないのです。大根を生で食べることによって、なぜ痩せることが可能なのか?

 

それは大根の辛味成分であるイソチオシアネートの働きによります。イソチオシアネートは、抗酸化作用を持つ成分で、体内の活性酸素を除去します。活性酸素が減少すると代謝が上がり、じっとしていてもエネルギーを消費するため、痩せやすい体質になります。さらに脂肪も燃焼されるので、贅肉のない引き締まった体型になることが可能です。生大根ダイエットの方法ですが、使うのは大根の先端の方です。葉側の方が甘味があり美味しいのですが、生大根ダイエットに必要なのはイソチオシアネートという辛味成分なので、そちらを使うようにしましょう。

 

 

一日に食べる量は、5,6センチの輪切り程度の大きさです。最もダイエット効果の高い食べ方は大根おろしです。なぜ大根おろしが良いかというと、イソチオシアネートは細胞が壊れることによって生成される成分だからです。擦り下ろした大根には、大量のイソチオシアネートが含まれています。大根おろしを食べるとき、汁まで飲む人は少ないですが、生大根ダイエット実践者は、必ず汁まで飲み干してください。

 

 

汁にこそイソチオシアネートがたっぷりと入っていると考えても良いでしょう。大根にはさらに、ビタミンや酵素が多く含まれていて、ダイエット効果だけでなくがん予防や、美肌効果、消化を助けたり、ストレスを軽減させる働きもあります。こんなに良いことづくめの大根はお値段もお安く、スーパーで一年を通して安価で購入することができます。何か良いダイエット方法がないかとお探しの方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。